我流でやる糖質制限は身体に良くない5つの理由

いっしー
こんにちは。
パーソナル栄養士のいっしーです。
最近流行っている「糖質制限ダイエット」
しっかりと専門家のサポートの元取り組む糖質制限はいいですが、我流でやっていませんか?
今回は我流でやる糖質制限が良くない理由をご紹介します。

 

糖質制限の発祥

今流行っている糖質制限ダイエットの元々の起こりは糖尿病患者への食事療法からきています。
糖質の量を制限することで血糖値コントロールを正常化する効果が期待できることから一部の病院で使われています。

しかし、医師の中でも糖質制限には賛否が分かれるようで
「糖質制限をあなたは支持する?」という質問に対して医師の6割が肯定的な意見を示しているが、一方で4人に1人は慎重な姿勢を示すといいます。※1

糖質制限の正確な定義というものも存在しておらず、実はまだわかっていないことが多いです。
最近では「糖質制限をすると寿命が短くなる」という研究結果も出てきています。※2

医学的にもまだまだあやふやな糖質制限を独学で取り組むことは果たして健康的なのでしょうか。

 

我流の糖質制限を止めたほうがいい5つの理由

ここからは我流でやる糖質制限がオススメ出来ない理由をご紹介します。

日本人の身体に合っていない

PCFバランスという考え方があります。
PFCバランスとは炭水化物・タンパク質・脂質から得られるエネルギー(カロリー)の比率を示したものです。

日本人にとって理想的なPFC比率は
P(タンパク質)13~20%(16.5%)
F(脂質)20~30%(25%)
C(炭水化物)50~65%(57.5%)
とされています。(厚生労働省が決めてます。)

つまり日本人は炭水化物(ご飯や小麦粉)から60%くらいはエネルギーを摂りましょうね。
ということです。

糖質制限をしてしまうと
炭水化物で取るべきエネルギーをタンパク質や脂質で補わなければいけないため、PFCバランスが崩れてしまい健康的な食事のバランスとかけ離れてしまいます。
ここに一つ問題があると思います。

パンを主食とした欧米人は炭水化物からのエネルギー摂取量は日本人より少なく、その食生活を長く続けてきているため、タンパク質や脂質から多くのエネルギーを生産することに慣れています。
しかし、ご飯を主食としてきた日本人にとって炭水化物からのエネルギーを減らすことは、身体に慣れていない食事のとり方をしていることになるのです。

 

筋肉量が減る

人間の身体は炭水化物からエネルギーを生産するように出来ていますが、身体に入ってくる炭水化物が減ると別のところからエネルギーを生産しようとします。
これを専門用語で糖新生といいますが、
炭水化物が少なくなると身体の中のタンパク質をエネルギーに変えるようになります。

身体の中のタンパク質。つまり筋肉です。
炭水化物を制限することで自分の身体の筋肉を分解してエネルギーに変えてしまうので筋肉量が減る恐れがあります。

筋肉量が減ると
身体の基礎代謝が低下し、
リバウンドしやすい身体となってしまいます。

糖質制限を初めてすぐに体重が減っているのは
もしかしたら筋肉量が減っているだけかもしれません。

 

骨が弱くなる

糖質制限を長く続けていくと次第に脂肪の燃焼が始まります。
これは糖新生の理論から言えることです。
そのため糖質制限はダイエット効果があります。

しかし、糖質制限で厄介なのが骨が弱くなるリスクです。
糖質制限をすることで脂肪が燃焼し始めると同時にケトン体という酸性物質が身体から出てきます。
このケトン体が身体から出すぎると血液が酸性に傾いてしまいます。
血液は元々弱アルカリ性で、酸性に傾くと身体はアルカリ性に戻そうとします。

どう戻すかと言うと
骨のカルシウムを血液に流し込むことでアルカリ性に戻すのです。
これを脱灰といいます。

少し詳しい方だと
ケトン体だけで血液がそこまで酸性に傾くことはないと言う方もいるかも知れません。
しかし、糖質制限中は普段よりも動物性タンパク質の摂取が多くなりがちです。中にはプロテインを活用される方もいるでしょう。
動物性タンパク質自体が酸性食品のためケトン体と合わせて血液が酸性に傾くことに繋がり、結果として脱灰を引き起こすリスクが発生してきます。

 

肝臓への負担が増える

炭水化物・タンパク質・脂質の中で唯一肝臓に負担をかける栄養素がタンパク質です。
タンパク質には窒素が含まれており、消化吸収する過程でアンモニアを生成します。
アンモニアというと中学生の実験で臭いを嗅いだことがある方もいらっしゃると思いますが、危険なものとして学んだかと思います。

人間の身体はタンパク質を分解する過程で出てきたアンモニアを肝臓で解毒し身体の外へ排出します。
そのため動物性タンパク質を分解するのは普通の栄養素よりも大変なのです。

糖質制限でタンパク質の分量を増やしてしまうと肝臓への負担が多くなってしまいます。

糖質制限で老化が進む
寿命が短くなる
と言われているのは肝臓への負担が大きいからとも考えられます。

 

添加物の摂取量が増える

糖質制限は炭水化物を減らしタンパク質や脂質を増やすことになりますが、
タンパク質や脂質の多い食事は同時に添加物の量も多くなる恐れがあります。

ご飯には一般的に添加物は殆ど入っていません。
入っているとしてもph調整剤程度でしょうか。
それに比べて加工肉などの食品は添加物を多く必要とします。

試しにコンビニに入って「塩むすび」と「サラダチキン」を手に取り、裏面の原材料を見比べてみるといいと思います。
サラダチキンの方にはよくわからないカタカナや〇〇酸ナトリウムなどがたくさん書かれているでしょう。

これは飲食店に入って料理を注文するときも同じ事が言えます。
ファミレスを想像してもらいたいのですが、
調理場ではご飯を炊くお店が多いでしょう。ご飯はお米に水を入れて炊き上げるため添加物などは入れたりしません。

しかしお肉料理は加工されたものを温めるケースが多いです。
お店で調理するとしても殆どの場合は工場で作られた合わせ調味料を活用します。
これらのものには多くの添加物が使われています。

ご飯をメインとして食事を摂るのと
お肉をメインとして食事を摂るのでは
全て自炊する以外は
圧倒的にお肉をメインとした方が添加物を摂る事につながるのです。

 

糖質制限ダイエットをしたい方へ

糖尿病患者への食事療法で行われる糖質制限は医師や栄養士の管理下で炭水化物の量も130g前後に計算されて行われています。
こうした食事療法では上記のリスクも踏まえながら組まれたプログラムです。

糖質制限ダイエットをしたい方は、ぜひ専門家のサポートの元で行うことをオススメします。
専門家と言っても上記のリスクをしっかりと把握された方にお願いするといいでしょう。

最近では食事を見直してダイエットをしましょうという風潮が現れ始めたのは嬉しい限りです。
しかし我流の理論でダイエットのサポートをされている方も多く見受けられます。
全ての方がそうとは言いませんが、中には基本的な栄養学をあまり学ばれていない方もおりますのでしっかりと判断するのが良いと思います。

また、糖質制限ダイエットに取り組む場合は正しい糖質制限の考え方を理解することも必要です。
正しい糖質制限の考え方もご紹介してますのでこちらも合わせて読んでみてくださいね。

関連記事

いっしー こんにちは。 パーソナル栄養士のいっしーです。 最近流行っている「糖質制限ダイエット」 しかし多くの人がやり方を間違っています。 今回は糖質制限ダイエットの考え方をお伝えします。   糖質と[…]

 

*LINE@からファスティングについてのご質問やご相談はお気軽にどうぞ。

 

いっしー
いかがでしたか?
我流でやる糖質制限ダイエットは筋肉量を減らし、骨をもろくして、痩せているのではなくやつれていることの方が多いです。
健康的なダイエットが出来るようにしっかりと知識をつけてダイエットに取り組むようにしましょう。

参照
※1 https://www.m3.com/open/clinical/news/article/506968/
※2 https://www.asahi.com/articlesASM5K43YFM5KULBJ004.html

いっしー こんにちは。 パーソナル栄養士のいっしーです。 皆さんは白砂糖が良くないということは聞いたことがありますか? 砂糖と言っても多くの種類があります。 では、白砂糖以外にどんな砂糖があるのでしょうか。 今回はそんなお砂糖の話。 目次 1 砂糖の […]

いっしー こんにちは。 パーソナル栄養士のいっしーです。 僕は毎朝身体の調子を整えるために朝粥を食べるようにしています。 今回はダイエットにも効果がある朝粥の良さについて書いてご紹介します。 目次 1 朝粥習慣の5つのメリット1.1 ダイエット効果が […]

いっしー こんにちは。 パーソナル栄養士のいっしーです。 最近流行っている「糖質制限ダイエット」 しっかりと専門家のサポートの元取り組む糖質制限はいいですが、我流でやっていませんか? 今回は我流でやる糖質制限が良くない理由をご紹介します。   […]

いっしー こんにちは!エキスパートファスティングマイスター・パーソナル栄養士のいっしーです。 ファスティングの初日や2日目に頭痛が起こる方がいらっしゃいます。 その原因はさまざまですが、傾向はあります。 今回はその頭痛の原因とその対処法をご紹介します […]

いっしー こんにちは。エキスパートファスティングマイスター・パーソナル栄養士のいっしーです。 ファスティングで便秘解消をしようと考えて取り組もうとしている方も多いと思います。 そんな便秘持ちの方がファスティング後の回復食で食べるのにオススメなのがスッ […]

いっしー こんにちは。エキスパートファスティングマイスター・パーソナル栄養士のいっしーです。 ファスティングをスタートする前は準備をしましょうという話を聞いたことありますか? この準備期間を過ごすか過ごさないかでファスティングの効果が大きく変わります […]

最新情報をチェックしよう!